岡山で屋根リフォームをする!!リフォームの種類と特徴とは?!

岡山で屋根リフォームを行いたいと検討している方も、どんなリフォーム方法があるかリフォームについて知っている方は少ないのではないでしょうか。ここでは、リフォームの種類と特徴についてご紹介します。

岡山での屋根リフォームについて

屋根リフォーム

屋根のリフォームには、塗装・カバー工法・葺き替えの3つに大きく分類する事が出来ます。屋根の塗装とは、今ある既存の屋根に再び上から塗料を施して補修する方法で、リフォームの中でも一番簡単でリーズナブルになっています。また、カバー工法と葺き替えに関しては、両者とも新しい屋根を建物に取り付ける施工方法になっています。カバー工法は、今ある既存の屋根の上にさらに新しい屋根を取り付ける方法で、葺き替えは、今の屋根を全て取り除いて新しい屋根に一新する方法になります。

【岡山で施工工事する際の相場価格とは?】

塗装:40万円~80万円

カバー工法:60万円~150万円

葺き替え:80万円~200万円

屋根の塗装について

屋根塗装

【屋根の塗装とは?】

屋根の塗装は、既存の屋根材に塗料を塗り、屋根材の劣化や老朽化を防止する施工方法です。前途でお伝えしているように、3種類あるリフォーム方法の中では一番工事費用を安く抑える事が出来ます。また、塗装を10年に1度のペースで行い、定期的に住宅のメンテナンスをする事で、屋根の雨漏り発生頻度も少なくする事が出来たり、カバー工法や葺き替えを直ぐ行わなくて済んだり、色々お手入れが便利でお得である事が挙げられます。しかし、屋根材の劣化が著しい場合には、塗装のみの修理では対応出来ない事があると言う事も覚えておきましょう。

【塗装する場合の注意点とは?】

屋根の塗装を行う際に使用する塗料のタイプにもよりますが、しっかりとした施工を行う事で最低でも10年程度は建物を塗膜が保護して守ってくれます。しかし、始めの工事で業者に手抜き工事をされてしまうと、僅か3年も経過せずに塗装した塗膜が剥がれ落ちてしまう事もあり、再び塗装を行わなければならない事態になってしまいます。

そうなってくると、再度工事を行う止めの足場を組み直して塗装を行わなければなりません。さらに、前回の施工で形成された塗膜が全て剥がれ落ちている訳では無いので、塗膜を再び全て剥がす作業も追加されて、前回の工事よりも工事費用が大きく掛かってくる可能性もあります。自然災害の損害が多い岡山では、屋根の塗装を行う際には、しっかり屋根に特化した専門業者を選ぶ事がお勧めでポイントになります。

カバー工法について

カバー工法

【カバー工法とは?】

カバー工法とは、既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる施工方法です。屋根の葺き替えとは異なり、既存の屋根材を一式撤去する事はしません。なので、アスベストが飛散する心配もなく、また、リーズナブルに屋根を新調する事が出来ます。

【カバー工法はこんな人にお勧め!】

・屋根を一新してイメージを変えたい

・短い工事期間でリーズナブルに屋根を新しくしたい

・遮音性や遮熱性の機能をアップしたい

・定期的な屋根のメンテナンス工事を行うのが面倒

【カバー工法を施工するメリットとは?】

工事予算を少なく抑える事が出来る

実は、既存の古い屋根材を処分する際には、産業廃棄物として屋根を処分しなければならないので高額な処分費用が掛かってきます。しかし、カバー工法を施工する場合と言うのは、既存の屋根の上に新しい屋根材を被せて修理を行うので、既存の屋根を処分する必要がありません。その事によって、屋根の葺き替え工事に比べておよそ20~30%工事費用を少なく抑える事が可能になります。

短い工事期間で修理出来る

カバー工法では、古い屋根材を解体して処分する作業が必要無いので屋根を葺き替えするよりも工事期間2日~3日程短縮されて仕上がります。大体、葺き替えは工事には約1週間程度の期間を要しますが、カバー工法の場合は4~5日で施工が完成する事になります。屋根リフォームを行う際には、どうしても大きな音や埃が発生して周囲にも影響してきますが、工事期間の短縮は近隣に及ぼす影響も緩和します。

断熱性・遮音性がアップする

カバー工法は、既存の屋根の上に新たに屋根を被せる為、屋根が二重になります。なので、屋根の断熱性がアップして、夏場の暑さや冬場の寒さを軽減する事に繋がり、結果、光熱費を節約し削減出来る事も出来ます。また、二重屋根は遮音性もアップするので雨音や飛行機と言った騒音対策効果にも繋がります。

葺き替えについて

葺き替え

【葺き替えとは?】

葺き替えとは、既存の屋根材を全て取り除いて撤去し、新たに屋根材を一新する施工方法です。既存の屋根材を全て撤去する形になる為、撤去費用がプラスされ屋根リフォームの中では一番工事費用が高くなっています。しかし、葺き替え工事はカバー工法とは異なり、屋根材の下にある野地板を張り替えたり、防水シートを新しく交換したり、屋根に関する全ての部材を一新するので、屋根から雨漏りが発生する心配がありません。

【葺き替えはこんな人にお勧め!】

・屋根を一新してイメージを変えたい

・屋根に発生している雨漏りをしっかり修理して直したい

・既存の屋根材がひび割れや破損を起こして屋根材自体に寿命がきている

・既存の屋根材に不備がある

・定期的な屋根のメンテナンス工事を行うのが面倒

【葺き替えを施工するメリットとは?】

屋根としての機能性が復活する

屋根を葺き替えする最大のメリットは、既存の屋根材をはじめ屋根の下地から一新して綺麗に取り替える為、本来屋根としての役割機能が復活します。屋根が新しくなって機能性が従来の強さに戻るので、自然災害の損害が多い岡山では建物を守る力も向上し、建物本体の寿命も伸ばす事が出来ます。

「まだ大丈夫!」と思っていても、実は、気付いてないだけで屋根の下が傷んでいたり、雨水が侵入してしまった事によって柱や梁が腐敗していたり、色々屋根に問題が発生しているケースはよくあります。屋根の一式メンテナンスする事によって、丈夫な屋根にする事が出来ます。

【外観が綺麗になり美しくなる】

屋根を新調する事が出来るので、屋根自体の外観が一新して美しく生まれ変わる事が出来ます。屋根と言うのは、建物の部材の中で最も太陽光や雨風等の影響を受けている所である為、見た目の経年劣化が激しく現れる場所でもあります。しかし、葺き替えで屋根を新調する事によって建物全体の外観を綺麗に美しく生まれ変わらせる事が出来るのです。工事費用に関しては、他の施工に比べて高く付きますが、その分、一番屋根としての寿命も長くなるメリットもあり葺き替えする人も少なくありません。

耐震性がアップする

耐震性

屋根の葺き替えを行う際には、殆どの人が今流通している軽量瓦へ葺き替えする人が多い事が挙げられます。昔の瓦と言うのは重量が重く耐震性については弱い部分がありますが、新しい軽量瓦に屋根材を取り替える事で、建物本体の耐震性がアップします。なので、地震が発生した際に瓦が散ってしまい近隣被害を及ぼすリスク等も軽減する事が出来るようになります。地震大国である日本のなかで岡山は自然災害の損害が多い県でもあります。そのような側面から考えても、屋根の葺き替えを行うメリットは高く、葺き替え施工を行う人も多くいます。

まとめ

岡山では、屋根に特化した修理業者が存在します。屋根のメンテナンス工事を考えた際に、工事費用も掛かるので「とりあえず、安価な工事で済ませておこうかな」と言う気持ちになるも少なくありません。しかし、建物の寿命を長い目で見てみると、しっかりメンテナンス工事を行って快適に過ごしていけるようにしておく事が、結果として「良かった!」と言う事に繋がります。屋根の修理工事は色々あり、それぞれにメリットがあります。屋根の状態を考慮して最適な修理プランを考えて、どのようにメンテナンスをしていくかプランを考えてみて下さいね。